『太宰治の名言より』

 ■ 不用意にもらす言葉こそ ・・・ 太宰治

【今日の名言】

不用意にもらす言葉こそ、ほんとうらしいものをふくんでいるのだ。
                      太宰治(作家)


表面的な建前ではなく、本音が何かを読み取って、対応するようにしよう。
相手の考えていることや気持ちが把握できていなければ、いくら対応をしても
的外れになってしまうかもしれない。相手の本心を理解するように心がけよう。


【ワンポイント コーチング】

会話するときに、どんなことを心がけるようにしていますか?



« 批評よりも手本が必要 | 名言集トップページ | 抵抗を受けるもの »


Copyright (C) FMC All rights reserved