『羽生善治の名言より』

 ■ 同じ情熱を傾けられる ・・・ 羽生善治

【今日の名言】

私は才能は一瞬のひらめきだと思っていた。
しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、
同じ情熱を傾けられることが才能だと思っている。
                 羽生善治(棋士)


ずっと続けていくことができる、自分の核になるものを持つようにしよう。
才能はすぐに芽が出るものではないし、伸ばすにも時間はかかる。
たとえすぐに結果が出なくても、長期的な視点で目指せるものをみつけよう。


【ワンポイント コーチング】

10年という期間で考えた時に、何を成し遂げたいですか?



« 捨て身の精神 | 名言集トップページ | つじつま合わせは »


Copyright (C) FMC All rights reserved