本多静六の名言 | 名言から学ぶコーチング【名言集】

人生の幸福というものは

【今日の名言】

人生の幸福というものは、現在の生活自体より、むしろその生活の動きの方向が、
上り坂か、下り坂か、上向きつつあるか、下向きつつあるかによって
決定せられるものである。

本多静六(林学博士)

自分の考え方や状態が、今よりも上向きになるように、常に意識していこう。
状態の上下変動は常にあったとしても、長期的視点で上昇していく方向にあれば
短期的なことに振り回されることもない。目線を向けた方向に、流れは変わっていく。

【ワンポイント コーチング】

もっと上向きに流れを変えるために、どんなことをやってみますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加