曽野綾子の名言 | 名言から学ぶコーチング【名言集】

責任があるのは

【今日の名言】

社会が自分を裏切ったから自分はだめになった、などと言うのは口実に過ぎない。
自分の教育に責任があるのは、まず自分であり、最終的に自分である。

曽野綾子(作家)

どんなことでも、他人のせいではなく、自分自身の問題だと自覚するようにしよう。
たとえ理由がどうであれ、最終的に影響を受けるのは自分自身で、他人ではない。
自分のことだと認識しなければ、責任転嫁するだけで、根本的解決にはならない。

【ワンポイント コーチング】

自分自身のことだと考えれば、批判ではなく何をいま実行しますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加